葬儀の後に執り行われる初七日法要

家族が亡くなって、葬儀を執り行ったら、本来であれば、その故人が亡くなった日から数えて、49日目を迎えるまでの中陰と呼ばれる間の7日毎のペースで法事を執り行うことが望ましいとされていますが、近頃は、経済的な負担や、親族の労力の負担を考慮して、初七日法要と、四十九日法要の法事だけを執り行うこととして、その他の法要は省略されることが多くなってきています。
葬儀を執り行った後には食事会を催す訳ですが、この食事会を一般的に、お斎といったり、精進落しといったりします。



食事会では、親族の代表や、喪主が簡単に挨拶をした後に、飲み物を注がれたグラスを持って、献杯と声をあげて、そのグラスを掲げて、故人を偲ぶ会食が始まります。
精進落しは、精進すること、すなわちお酒を飲まないようにしたり、生ものを食べないようにすることを初七日法要を執り行った後に止めることを意味する内容の食事となっています。



本来であれば、精進落しとして行われる食事会は、初七日法要や、四十九日法要を済ませた後にも催されるものですが、近頃は葬儀を執り行った後や、葬儀を執り行った日に、繰上げ初七日法要を執り行い精進落しを行うことが増えています。

遺族は亡くなった方に対する供養として、忌明けまで、生ものや、お酒を口にしないという、お勤めを行います。
この精進を止めるときに精進落としの食事会をしていました。



本来の目的だけでなく、弔問してもらった方に対する感謝するために振る舞うという意味もあります。