高齢者社会を迎える現代の葬儀傾向

ひと昔前では、葬儀は人間の終焉を飾る大イベントで、列を連ねて墓地までの道を人々が練り歩き、葬儀に参列する人も多く盛大に行う傾向がありました。
そのため、葬儀にかかるお金もかかり、人々は生前に、苦労して費用をため込んでいたものです。現代の葬儀の傾向は、お金をかけずに小規模になっている傾向があります。



「小さなお葬式」と呼ばれる家族葬が増加して、参列する会葬者も本当に親しい親戚、友人だけに限定して式を行うようになってきています。



現代では、核家族化と少子高齢化などの問題で、一家庭で多額の葬式の費用を捻出するのは残された家族の負担になるため、故人が子供などの家族のために、費用の掛からない「小さいお葬式」を選ぶことも多くなっているようです。
規模を小さくすれば、葬式会場の使用量も安く、料理や香典返しの費用も少なくて済みます。


一番費用が少なくて済むのは、火葬のみの葬式で、お坊さんも呼ばず、極近い家族だけで、行う遺体を火葬するだけの葬儀です。



現代では、お寺の檀家にならず、どの宗派にも属していない人もあり、宗派に関係なくWEBサイトでお坊さんを依頼できるサービスもあり、お布施なども安いため利用する人もいるのです。

現代は、古いしきたりが取り除かれ、合理的に故人をあの世に送ろうとする傾向が出てきたのです。


現代では、すでにバブルもはじけ、景気もまだまだ不透明なので社会が、節約傾向なため家族葬や密葬が増えてきたと考えられます。