葬儀を行う場所の種類

葬儀を行う式場には次のような種類があります。



まずは葬祭を専門に行う会館や斎場です。


葬祭業者が葬儀や法事のために作っているので、様々な機能が揃っており、式場だけではなく宿泊施設や食事が出来る施設、宗教者のための控室なども用意されています。

このような会館を使うためには特定の葬祭業者に依頼することが条件ですが、貸し斎場であれば直接申し込んでも使用できます。

次に神社や寺院、教会等の宗教施設です。寺院などでは境内の中では貸し斎場を建設して、一般に貸し出しているケースもあります。

神社では檀家であることが利用の条件になっている場合が多いです。


そして自治体等の運営する公共施設です。



自治体の多くは住人が利用できる葬祭会館や葬祭目的で使用できる集合施設を所有しています。これらの施設は他の式場を利用するよりもかなり安い値段で借りることができますが。


ただしアクセスの悪い立地であったり、中々予約が取れなかったりといった制約も伴います。
他にもホテルがあります。

葬祭会館と同じような式を行うことはできませんが、お別れ会やしのぶ会などのシンプルな式を行うことが出来るようになっています。遺体の持込みや焼香などは行うことが出来ませんが、参列者をもてなすための食事施設や宿泊施設は十分整っているので、今後利用者の増加が見込まれます。
最後に自宅です。
昔は自宅での家族葬が葬儀の主流でしたが、最近では集合住宅の増加や近隣との付き合いの減少などから減りつつあります。



しかし自宅を式場とすれば、費用的には最もメリットが期待できます。